×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

たけのこ助産院

骨盤ケアについて


妊娠すると、ホルモン(リラキシン)の影響で

骨盤の関節をつなぐ靭帯(じんたい)が緩んできます。

この働きは、赤ちゃんが正常に生まれてくるために

とても大切なことです。


靭帯が緩んでくると、どうなるの?


出産間際まで重労働をしていたちょっと昔の人は

靭帯や、筋肉がとても頑丈でした。

そのため、出産時にはちょうどよい具合に

靭帯がゆるんできました。

近年は車社会、座ってばかり、立ってばかりの仕事のためか

靭帯や筋力などが急激に弱くなってきています。

そのため、妊娠初期から

骨盤がゆがんでくる人が多くなってきました。


骨盤がゆがむと、どうなるの?


骨盤だけでなく、腰椎もずれて痛みがでたり、

姿勢を正しく保とうと

筋肉の緊張状態が長くつづき、

体中に「はり、コリ」等が生じたりします。

また、緩んだ骨盤部に腸が下がり

その下にある

臓器までも押し下げられることがあります。

また、出産時においては、

赤ちゃんのスムーズな動きを妨げ、

難産や、早産をひきおこすことがあります。


このまま放っておくとどうなるの?


デカ尻・ポッコリお腹・O脚・X脚

下半身太り・腰痛等

いろいろな症状をひき起こすことがあります。

妊娠初期から産後2ヶ月程度の間は、

定期的に観察・ケアすることが大切です。


当院では、上記症状の緩和のため

トコちゃんベルトをお薦めしています。

腹帯もよいですが

誤った取り付け方は

逆効果になる場合があります

リスクの少ない出産・産後にむけて

一緒にがんばりましょう。